2012年11月 3日 (土)

FPANAPCスクープ:タッチ&トライ2012秋(品川)でCF-AX2とエヴァンゲリオンコラボ天板を見た

恒例の新製品タッチ&トライ品川が開催されていましたので、見に行ってきました。Windows8搭載のCF-AX2がメインの展示となっており、秋葉原、品川と開催され、次は大阪が予定されています。

Kakocifrb0qrozjcvqku

CMキャラクターの松田翔太さんの写真がドーンと迎えてくれます。
Kakoyzogh2ejk4raqss7

ほとんどの展示機に来場者がついて触れない状態だったので、周りを見ていると発見!
Kakovr8z1o3sapcsyxrq

サイト上ではまだ未発表の、「エヴァンゲリオン」コラボの「レッツノート天板カバー」が展示されていました!
Kakoomh3cjwtmehlv5yk

「綾波レイ」のキャラが前面に掲載された白い天板カバー♪
Kakoa5p9mbyx3rtcy9xi

「初号機」がりりしく描かれている黒い天板カバー♪
Kakorrgzjpd6vakbjdcn

CF-SX1/SX2用の天板カバーなので、すでにCF-SX1/SX2をお持ちの方であれば、天板カバーだけ買えば、それだけでエヴァ仕様となります。持ち歩きで恥ずかしいときは取り外しましょう。

さて、次は本題のCF-AX2を見てみます。すでにCEATECの記事で外観は紹介したので、今回は中を少しチェックです。
Kakoyt6kzof5x1wvi3dk

プリインストールされているパナソニック独自アプリを見るために、パナソニックフォルダーを開いてみました。
Kako7gifaz596nt9npaz

Windowsエクスペリエンス値は5.1でした。
Kakobxgmu5qybbuorcwk

128GB SSDのメーカーはサムソンです。
Kakouoyeddwbsziflq5m

内蔵カメラを起動して、自分撮り。
Kako1decnsolzfuw8fip

オプションのミニプロジェクタ。USB給電だけで動作しています。大きさはたばこの箱くらいで超小型。
意外に明るく十分な実用性を備えています。
Kakolas0cyhwqnq03wmm

Kakoytcjhtvcnvfjflig


ポケットドルツが当たるアンケートの抽選会は残念ながら外れてしまい、付箋紙をいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 8日 (月)

FPANAPCスクープ:CEATEC 2012

レッツノート新製品発表の際に恒例で行われているタッチ&トライイベントが開催されていないため、レッツノートAXを見るために、CEATEC2012の会場に行ってきました。レッツノートAXの一般ユーザーへのお披露目はこのCEATECが初となります。

P1010656

液晶を開いた感じ。レッツノートR1から続いた丸いホイールパッドがなくなったため、一目でレッツノートとはわからなくなった感じです。一方、四角くなったことで、従来のRシリーズ、Jシリーズよりもパッドエリアが広くなりました。横幅はRシリーズ使いからするとかなり大きくなった感がしますが、一方でとても薄くなっており、かばんに収めるとしたらこちらの方がおさまりがいいかもしれません。
P1010658


液晶をひっくり返して、タブレット風にしたところです。
P1010659


ひっくり返しの途中で撮影したところです。
P1010660

ふたたび、キーボード面です。[FN]キーや一行目の[ESC]キーの配列など、Jシリーズと同じですが、カーソルキーを含めて、キーボード全体をスクエアにしたためか、右シフトキーがかなり小さくなっています。
P1010661


このかなり薄い筐体で、USBコネクター、HDMIコネクターで標準コネクタを積んでいるので、使い勝手がかなりいいです。
P1010662

LANコネクタもディスプレイコネクターも標準のコネクタになっています。余分な変換コネクタは必要ありません。
P1010664

底面部分です。バッテリーは2個搭載していますが、取り外し可能なのは1個だけです。2個搭載していることで、他のウルトラブックではできないホットスワップを可能としています。また、メモリの拡張ができないため、他のレッツノートにあるようなメモリスロット用のフタもありません。
P1010665

全面部分です。バッテリーがふたつあるので、インジケータもふあつあります。
P1010666

実は、現物をどうしても見たかった、オプションのポータブルプロジェクター。写真にあるように、思った以上に小型でかつ、思った以上に明るさも明るくますます興味がでてきました。しかもUSB給電で動作しています。
なお、動作検証は、レッツノートのみとなっていますが、基本的には他のノートパソコンでも動作する模様。ただし、USB給電はレッツノートでは大丈夫だけど、他のノートパソコンではできない場合も多いのではないか、との話でした。
P1010667

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月24日 (日)

【特報】Amazonでマイレッツ倶楽部モデルが購入可能に!

大容量の HDD やメモリー、カラー天板対応可能なレッツノートマイレッツ倶楽部モデルが、Amazonでも購入可能になった!

従来、マイレッツ倶楽部モデルは、公式直販サイトの「CLUB Panasonic MyMALL マイレッツ倶楽部」および「Panasonic Selection 楽天市場店」でしか購入できなかったが、最近「Amazonマーケットプレイス」にも公式店舗「Panasonic Selection」として出店した模様で、すでに販売を開始し、公式サイトでしか購入できなかったマイレッツ倶楽部モデルやその他ドルツ・デコシリーズなどオリジナル商品の購入も可能となっている。

Amazon_pana

販売されている商品は、ぱっと見たところ「楽天市場店」とほぼ同等のようだ。Amazonは店舗トップページみたいなものはあまりアクセスが便利にできていないが、強力な商品検索機能があるので、消耗品などを探し出すのは、本家の「CLUB Panasonic MyMALL」より便利そうだ。また「レッツノート」といったキーワードでも比較的簡単にマイレッツ倶楽部モデルもひっかかる。

Amazon_pana2

さて、気になる値段だが、結論から言えば、他店舗に比べては魅力は薄いようだ。

最新の夏モデルSX2シリーズのうち、一番人気と思われる、SX2シリーズプレミアムエディション、ボディ色:ジェットブラック、Core i7-3520M、SSD:256GB、メモリー8GBの「CF-SX2KEMDP」で各店舗を比較してみよう。

Amazon:330,800円
楽天市場:296,000円 ポイント 5% 14800ポイント
MyMALL:296,000円  さらに10%引きクーポン利用可

となっている。価格の差異はもしかしたら、最近値下げしてAmazon店のみ反映が遅れている可能性もあるが、ポイントやクーポン割引がないところで差が結構存在している。
このほか特売品である春モデルの価格も見てみよう。SX1シリーズプレミアムエディション、ボディ色:シルバーダイヤモンド、Core i7-2640M、HDD:640GB、メモリー8GB「CF-SX1HEDDP」で見てみる。

Amazon:202,725円
楽天市場:202,725円  ポイント1% 2,027ポイント
MyMALL:202,725円

こちらは売価は同価格となっているが、ポイントの分だけ楽天が実質安い、という状況になっている。

現在のところ、価格的な優位性はポイントやクーポンの分だけAmazon店は不利という状況だが、Amazonを使い慣れた人やさまざまなキャンペーン等でギフト券などを持っている人、Edyなどの決済利用といった点で使いたい、という人もいるかと思われる。消耗品などでは強力な検索機能で商品が探しやすい、といった点も見逃せない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月28日 (土)

FPANAPCスクープ:CF-SX1シリーズ 品川タッチ&トライ(2)

続けて、CF-SX1のインターフェースまわりをチェック。

P1000010_2

前面部分左は、電源やWIRELESSスイッチ、ヘッドホン&マイクなど従来と同じ配置。

P1000012_2

左側面。手前からUSB3.0ポートが2つ、RGBディスプレイ、HDMIポートがあり、CPUファン排気穴があり、一番奥にセキュリティコネクタがある。RGBディスプレイの隣のUSBポートが、電源OFF時でもUSB給電可能なポートとなっており、スマートフォンなどの充電ポートとして利用することができる。

P1000011_2

右側面。手前からLANポート、USB2.0ポート、SDメモリーカードスロット、AC電源コネクタとなっている。PCカードスロットは搭載していない。AC電源コネクタが一番奥に配置されているので、電源の抜き差しは容易だ。SDメモリーカードスロットは、著作権保護技術 / UHS-I高速転送対応となっており、市販の「デジダビ」というアプリケーションを使えば、ディーガの録画番組を持ち出し転送したSDカード上で再生することもできそうだ。

P1000016_2

裏面。バッテリーがヒンジ部分全体をカバーしている。

P1000019_2

P1000018_2

注目の電源OFF時でもUSB給電できるしくみだが、常時給電状態にすると、やはり無駄な待機電力を消費してしまう。そこで、ソフトによって、常時給電状態にする以外に、給電機能のオフしたり、ACアダプターを接続時にのみ給電できたりと、貴重なバッテリーを無駄に消費しないようになっている。

P1000015_2

参考までの、エクスペリエンスパフォーマンス値。

P1000022_2

話題の小型ACアダプター。斜めからの撮影でちょっと小型が実感できない写真になってしましました。

P1000023_2


最後に取り付け型の液晶天板カバー。残念ながら、実際の装着は試せず。おそらくi Padのカバーのような感じで取り付けるように思われる。

ひさびさの新筐体のレッツノートの登場で、パナソニックも力が入っているようだ。さっそくニュースサイトでもあちこちでレビューが掲載されているようなので、情報をいろいろチェックできるかと思う。発売は2月24日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FPANAPCスクープ:CF-SX1シリーズ 品川タッチ&トライ(1)

2012年1月25日発表されたレッツノートの新シリーズSXシリーズ。
発表当日よりいきなり品川駅構内にて「タッチ&トライイベント」が開催されていましたので、早速CF-SX1を見に行ってきました。

P1000006_2

写真では、液晶パネルを開いた外観は一見、従来と大きく変化したような感じは見えないが、液晶パネルが12.1型HD+の1600×900ピクセルになっており、その高精細さはひときわ目立ちます。また液晶パネル上部にWebカメラ(有効画素数:最大1280×720ピクセル、マイク:搭載)が内蔵されている。

P1000009_2

P1000008_2

キーボードの配列は若干変更されており、特に右側にも[FN]キーが設置され、[FN]+[BACK SPACE]を右手片手だけで押すだけで[CTRL]+[ALT]+[DELETE]を実現できるようになっている。また[Enter]キーの右横にスピーカーらしき穴があるようだ。

P1000007_2

ドライブはDVDスーパーマルチドライブ。カバー部裏面にも注目。ひんじ構造がほどこされ、強度を確保している。
いつかはブルーレイディスクドライブを搭載してほしいものだ。

P1000014_2

最大の注目ポイントは、従来のレッツノートから大きく改善された、その薄さだ。天板を表から見ると若干従来のボンネット構造デザインが見えるが、このように真横から見ると、ほぼフラットな感じ。また、強めに後ろから押してみたが、液晶パネルの色合いが変化するなどのようなたわみもほとんどなかった。前モデルのSシリーズの最薄部と今回のSX1の最厚部がほぼ同じ、ということで、従来のレッツノートユーザーからは、かなり薄くなった印象だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月29日 (水)

FPANAPCスクープ:CF-J9シリーズ(1)ジャケット装着時外観~ジャケット上部を外すまで

取り急ぎ、昔のコネをたどり、マスコミ各社機材貸し出し調整を行っているような最中に、わずかな時間をいただいて、FPANPC取材陣が新レッツノートCF-J9の写真を撮影してきました。環境悪く、画質が悪くてすいません。

==============================================================

一番の特徴は、保護カバーにもなる専用ジャケット。
この写真の店頭モデル「ハイパフォーマンスモデル」には合皮製の黒いジャケットが付属。
P1050200_3

右側面。USB 2ポート、LAN、SDXC対応、著作権保護対応のSDカードスロットがある。
P1050201_2

左側面には、USB 1ポート、アナログディスプレイ端子、HDMI端子がある。
P1050202

10.1型ワイド液晶を搭載し、CF-R9シリーズに比べ、やや横に長く、縦に短くなった。ボディの色はつや消しのブラック。
P1050203

専用ジャケットは、液晶両脇の可動式リングに引っ掛けて取り付ける。上下に動くため、液晶ディスプレイを開いてもジャケットが邪魔にならない。
P1050204

もちろん、ジャケットを取り外すことも可能だ。
P1050205

P1050206

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FPANAPCスクープ:CF-J9シリーズ(2)各部拡大~キーボード面

速報写真です。

=============================================================

ジャケットの上部を取り外した形で、前面を見てみる。

液晶天面には、従来のようなボンネットでこぼこ形状はない。
しかし、一方で平面になったため手をすべらして落としたりしないような配慮か、天面手前側が別パーツになっていて、そこには、すべりどめのような横ギザが入っている。
P1050207

P1050208

液晶パネルと本体には、ラッチ止めがない、ラッチレスになっていて、モバイル時に片手で簡単に開くことができるようになった。便利。
P1050209

キーボードの配列は、R9やS9と同等。丸いパッドも健在。「ハイパフォーマンスモデル」の丸いパッドは銀色パーツリング。
P1050211

P1050212

P1050213

P1050214

「リーフ型キーボード」と呼ぶ独特な形状のキーボードを備える。葉のような形のキートップで、これにより指先(爪先)のひっかかりが減り、スムーズな入力ができるという。キーボードの全面防滴はなくなった。
P1050216

P1050217

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FPANAPCスクープ:CF-J9シリーズ(3)ジャケット底部を外す~2ラインアップを並べて

速報写真です。

==========================================================

ジャケット底面のハンドストラップに手を通すことで、片手でも安定して持てるようになっている

P1050218

ジャケットは、ジャケットと本体をネジによって本体底面の溝に固定されている。
このネジを取り外してみた。
P1050219

さらにバッテリーの左右に、ジャケットを引っ掛けるパーツがあり、これにより使用中ジャケットがずれたりしない工夫がなされている。
P1050220


P1050221


P1050222

本体とジャケットを固定化するパーツ類(写真は液晶パネル横の引っ掛けるパーツ)はすべて取り外し可能となっている。
P1050234

ハイパフォーマンスモデルには黒色の専用ジャケットが付属する。スタンダードモデルには白色のジャケットが付属する。写真が暗くてあれだが、白色の見た目は写真よりはもっと明るい。
P1050237


P1050238


P1050239


| | コメント (0) | トラックバック (0)

FPANAPCスクープ:CF-J9シリーズ(4)バッテリー~HDDへのアクセス

速報写真です。

===================================================

ハイパフォーマンスモデルのバッテリーを取り外してみる。
P1050212_2


P1050223

ハイパフォーマンスモデルのバッテリーは63wh。
P1050224

こちらは、スタンダードモデル。丸いパッドが、黒いプラスチックリングになっている点がハイパフォーマンスモデルと異なる。
P1050236

スタンダードモデルのバッテリーは42wh。重さだが63whのに比べると、持った感じはかなり軽く感じる。
P1050244

P1050240
上記写真のバッテリーを外したところの右側、赤い丸印をつけたところに、金属のカバーを止めてるネジがひとつあるのですが、これをひとつはずすだけで、下の写真のように、HDD部分があらわになってくれるのを発見しました。

P1050243
ビニール部分をひっぱれば、HDDが取れそうな雰囲気があるのですが、コネクタ接続が固く、こわれるとやばいので、今回はこれ以上の作業はあきらめました。しかしながら、ネジ1個外すだけで、ここまでたどり着くことができるので、CF-J9のHDD換装は、従来のRシリーズに比べると非常に簡単なように思われます。

P1050242


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月15日 (月)

秋葉原リナカフェ「レッツノート タッチ&トークイベント」に行ってきました

Img_0024
2月11日に開催された、秋葉原リナックスカフェ「ソラーレ」で開催された「レッツノート タッチ&トークイベント」に行ってきました。途中、デジタルカメラを持ってくるのを忘れたのに気づいたため、携帯電話の写真が中心のため、画像品質が悪くてすいません。

新製品はもちろんたくさん並んでいたのですが、気づいたら写真がない(笑)。
下記の新シリーズの、Windowsエクスペリエンススコアをチェック。

CF-S9J HDDモデル (Core i7)
----------------------------------------
プロセッサ 6.6
メモリ 6.6
グラフィックス 3.4
ゲーム用グラフィックス 5.0
プライマリハードディスク 5.9
----------------------------------------
100211_1601001_2
CF-S9J SSDモデル (Core i7)
----------------------------------------
プロセッサ 6.8
メモリ 5.9
グラフィックス 3.5
ゲーム用グラフィックス 5.0
プライマリハードディスク 6.8
----------------------------------------

CF-R9J SSDモデル(Core i5)
----------------------------------------
プロセッサ 5.1
メモリ 5.2
グラフィックス 2.9
ゲーム用グラフィックス 3.4
プライマリハードディスク 7.1

CF-R9とCF-R8の分解展示も。
上から見た基盤にはそれほど大きな変化はないものの、CF-R9の基盤の裏面のファンの大きさにびっくり。
ファンは大きくなったが、回転数は減っているので、静音性は向上しているとのこと。
Img_0026


Img_0027


Img_0029


このほか、過去のレッツノートも展示。
AL-N1、AL-N4、CF-C33、CF-R1が展示されていました。
100211_1625001


| | コメント (0) | トラックバック (0)